シアワセモノマニア物語 > XXXの仮想化輪廻

XXXの仮想化輪廻

 
目が覚めた時、僕は僕自身のことを何一つ覚えていなかった。
生きた者のいない施設、眼前に聳える記憶の塔。
あなたの声に導かれ、失ったものを求めて塔を上る。
これは、僕とあなたのハッピーエンドに向けた物語。
小説家になろう / カクヨム

Opening

彼は、都合のよい奇跡など望んではいなかった。

Layer_???/ Judgement

Side: Euclid

シナリオは、彼の手によって、徐々に崩壊を始めようとしていた。

Layer_0/ Reboot ( / / )

Layer_1/ Childhood ( / / / / / / )

Layer_2/ Adolescence ( / / / / / / / )

Layer_3/ Senescence ( / / / / / / )

Side: Dahlia

それでも、彼女だけはハッピーエンドを疑わない。

Layer_0/ Reboot ( / / )

Layer_1/ Childhood ( / / / / / )

Layer_2/ Adolescence ( / / / / / )

 

「物語」に戻る

シアワセモノマニア物語 > XXXの仮想化輪廻