シアワセモノマニア物語 > 時計うさぎの不在証明

時計うさぎの不在証明

 
不条理で理不尽な、不思議の国のすぐそばで。
今日もわたしたちは、真実を探して歩いていく。
街の不思議を暴く待盾署刑事課神秘対策係の日常と
誰かさんが置き忘れた「幸せ」についての物語。
小説家になろう / カクヨム / 登場人物

01:ワンダーランド・オーヴァチュア

不思議の国の入国窓口は雨、案内人は佇む幽霊。
何も知らない彼女と、不思議の国に厭いた彼が出会う時、錆びた歯車は動き出す。

九月の雨の日

ファースト・コンタクト

八束結と南雲彰

待盾警察署刑事課神秘対策係

はじまりの予感

八束結の現状認識

事故と花束

正義の在り処

南雲彰のささやかな主張

幽霊は何を語る

時計うさぎの不在証明

死人に口があるとすれば

ここから、これから

そして対策室にて

02:ワンダリング・ウォーターインプ

河童のミイラが歩いて逃げた?
彼女は足元を見つめ、彼は空を仰ぐ。正義は必ずしも優しくはない。
ゆるPV

ある日の予感

行方知れずの水棲妖怪

足跡は闇にきらめいて

まだ何も知らない

神秘対策室にて

よくある黒塗りの高級車

クジラさまのお話

南雲彰という人物

原則としては推定無罪

河童出現の謎

閃きは証明へと

河童は一人では歩けない

河童と鯨の存在証明

罪と正義と

見えないものを見つめてる

その日の予感

03:ナインライヴズ・ツインテール

猫又の尻尾を触ってみたいと、ずっと思っていたんだ。
彼の悩みとか、彼女のお節介とか、ひとでなしの事情とか。

南雲さんの不調

犬のいる休日

ひとでなし密談

お嬢さんのちょっとした悩み

八束さんの不機嫌

秘密の秘密の

ひとでなし密談その2

いくじなしの南雲さん

ちょっと勇気が足りてない

番外:やつづかとなぐも

彼女と彼の、気だるい時間。もしくは「何でもない」という幸せ。

アザラシさん

お茶の時間

なぐもさん

はじめての風邪の日

ふぁふろつきーず

やつぐもグルメ

煮込みハンバーグを作るだけ

チョコレート・パラノイアその後

関連物語

夏の青亭

彼は不思議を認めない。確かにあるものだと理解はすれど。

甘味組曲

彼にまつわる、最後の物語。

 

「物語」に戻る

シアワセモノマニア物語 > 時計うさぎの不在証明