シアワセモノマニア物語 > 夏の青亭

夏の青亭

ある事件を追う俺の前に、度々現れる自称『元神様』、小林巽。
果たして、奴は事件の何を知っているのか。
そして、俺は、一体「何」を追っているのか。
これは、奴と俺が過ごした、五つの夏の物語。
競作小説企画 第七回「夏祭り」参加作品)

五つの夏の物語

真実が一つだとしても、それが真実と証明できなければ。(原稿用紙換算:約90枚)

一九九九年七月三十一日

二〇〇〇年八月十二日

二〇〇一年八月二十六日

二〇〇二年七月二十一日

二〇〇三年八月十五日

もう一つの夏の物語

二〇〇四年七月三十一日

関連作

蒼穹に手向けの花を

アメガタリ

甘味組曲

 

「物語」に戻る

シアワセモノマニア物語 > 夏の青亭