シアワセモノマニア物語おまけ年表 > Retrospect of the Sinister Edge

 

>Retrospect of the Sinister Edge
 

▼仕様
 
  『Retrospect of the Sinister Edge』は、青波零也による『楽園』を舞台にしたTRPGセッションである。
  使用ルールは『BLADE of ARCANA The 3rd Edition』。ただしルールはとりあえずBoA3ではあるが、世界観や設定は完全にGMオリジナル。また聖痕・奇跡などのBoA3特有のルールも相当曲解していたり、ルールとして存在する以外意味を持っていなかったりとBoAファンに殴られても文句は言えない物体である。
  リプレイは十五冊限定でこの世に出回っているが、ここでは物語の前提と登場人物を記すのみに留める。物語の顛末については、『空色少年物語』本編で『ディスコード』本人(人ではないが)の口から開示される予定なので、それを待っていただければ幸いである。
 
 
▼前提
 
  『楽園』と呼ばれる世界がある。
  かつて世界は闇に包まれた無の世界であった。故に、世界に降り立った創世の女神ユーリスはまず世界を照らす太陽と月を作り出した。闇が払われると、世界は静かなる海に覆われていた。
  そこでユーリスは海の中心に白い種を落とし、世界樹と呼ばれる命の樹を植えた。女神の歌声と共に、世界樹は大地を形作り、生命を生み出し、また魔法の源たるマナで世界を満たした。そしてユーリスはいくつかの生命に知恵と魔法を与え「人族」とした。
  だが、人族は愚かにも女神から頂いた知恵を争いに用いた。悲しんだ女神は自らの意志を代弁する存在、五人の使徒を神の獣たる竜と共に地上に遣わせた――
 
  そのような神話で語られる世界が『楽園』である。
 
  現在も女神ユーリスは世界樹に座し、実際に高位の聖職者であればその姿を確認することができるという。また、使徒の子孫は王として一部の国に君臨している。
  だが、女神の創世神話には明らかな破綻がある。
  実は女神の創世神話以前の時代が存在することが、一部の研究者によって明かされつつある。その文明は高度に発達した科学文明らしいが、女神はこれを「存在しない時代」として禁忌とし、研究したものには異端審問官『影追い』を差し向け処刑している。
  『楽園』とは、知りすぎた「一部の」人間を排除し、無知な人間の信仰によって「女神の世界」という形を保っている……それは、とても危うい均衡であった。
  女神の目を逃れ、海の底に生きる『裏切りの使徒の国』の人々も、その「一部」。
 
  楽園においては「作り話」として語られる、海の上に浮かぶ禁忌の国……裏切りの使徒アルベルトによって建国されたという、蜃気楼閣ドライグ。
  しかし、それは確かに実在する国であった。
  海底を移動する禁忌機巧の要塞、蜃気楼閣ドライグは、『竜王』と呼ばれる一族によって統治されている、楽園の真実を研究する者……異端研究者の国である。彼らは歴史の裏舞台に常に存在し、現在も「存在しない時代」の研究を行っている。
  もちろん、女神ユーリスは異端そのものである蜃気楼閣を目の仇としているが、蜃気楼閣ドライグが培ってきた技術や知識は、女神や神殿の脅威でもあった。そのため、監視こそ怠ることはないが、長らく直接手を下すことはなかった。
 
  そして、ここで語られた物語は、そんな蜃気楼閣ドライグで起こった……一つの血塗られた「追憶」。
 
 
▼物語の始まり
 
  ――女神暦八〇八年。
「この剣は世界を揺るがす力となる」
  魔女サンド・ルナイトの『楽園』全土に混乱をもたらす計画は、名も無き一人の「勇者」によって阻止された。
  その時勇者が手にしていた魔剣『ディスコード』は時のドライグ竜王によってドライグ城の奥深くに封印されることとなる。
「楽園が道に迷う時、再びこの剣が振るわれるだろう」
  そして、二百五十年の時が経過した女神暦一〇五八年。
  ついに『ディスコード』が封印を解かれる日が来た。
  それは新たな伝説の始まりか、それとも――
 
 
▼トレーラー
 
  時は女神暦一〇五八年。
  南の空に世界樹を臨む『楽園』の海上に、裏切りの使徒と赤き竜を崇める異端の国、蜃気楼閣ドライグはあった。
  平穏に見える『楽園』に密かに暗雲が迫っていたこの時、蜃気楼閣の竜王は『楽園』を守るべく一つの決断を下す。
  封印されし世界樹の鍵、『ディスコード』を解放すると。
  かつて名も無き勇者の手に握られた剣、その名前が意味する『不協和音』とは?
 
  楽園年代記『Retrospect of the Sinister Edge』
 
  ――それは一つの、血塗られたレトロスペクト。
 
 
▼プレイヤー・キャラクター
 
◆PC1 リコ・トスカニーニ
  エルス=エルス=アクア
[シナリオ因縁]幼子/ベアトリーチェ・R・ドライグ
  君は竜王とその一族に遣える近衛騎士、『竜騎士』の一人である。赤き竜のために生きて死ぬ。君はそう教えられて育ってきた。もちろん竜王の娘ベアトリーチェも守るべき存在。だが、ベアトリーチェはそんな立場の違いも構わず君に親しくしてくれていた。
  だが、君は知っている。ベアトリーチェの心は、君ではなく研究者のディアン・カリヨンに向けられていることも……
 
  竜王と赤き竜の一族に忠誠を誓う、『赤竜騎士団』に所属する少年。忠誠を貫くためなら死をも厭わない。幼い頃に海に流されていたところを拾われ、蜃気楼閣で育てられる。
  生真面目な少年であり、少々融通がきかないところもあるが、とても真っ直ぐで気持ちのいい性格をしている。
  王女ベアトリーチェに恋心を抱くも、相手が忠誠を誓う相手ということもあり、己から一線を引いて付き合っている。
  戦闘では騎士団で鍛えた格闘術を駆使して戦う。また、精霊視を持ち、妖精や精霊と心を通わせることができるため、彼等の力を借りることもある。
 
 
◆PC2 クラウディオ・V・ドライグ
  コロナ=デクストラ=イグニス
[シナリオ因縁]信頼/ディアン・カリヨン
  君は竜王の血を引く王子の一人だ。女神の意志に反する存在として常に危うい蜃気楼閣だが、優秀な騎士と真実を求める研究者のお陰で今日も平和に過ぎ去ろうとしている。
  ただ、近頃女神側で妙な動きがあるらしい。また、女神に真っ向から反対する組織『エメス』も動き始めているようだ。
  竜王と君は、苦渋の決断として『ディスコード』の封印を解き、『ディスコード』を操る才能『ユニゾン』を持つ研究者……君の最も親しい友でもあるディアン・カリヨンに任せることにした。彼の表情に、一抹の不安を覚えながらも。
 
  現竜王の姉の息子。つまり甥に当たる。ドライグ王族ではあるが、どちらかといえば研究者としての功績が大きい。魔力、マナに代わるエネルギー源を開発している。
  好奇心旺盛な性格で、ありとあらゆることに興味を抱く。妹であるベアトリーチェを溺愛しているが、最近は従姉であるガブリエッラの教育係も買って出ているため、ロリコンの噂も流れている。
  異端の武器、銃を扱わせれば右に出る者はいない。
 
 

◆PC3 ネヴァン・カリヨン
  アングルス=マーテル=ステラ
[シナリオ因縁]不審/ディスコード
  君の兄ディアン・カリヨンはドライグ王家に仕える研究者であり、『ユニゾン』の保有者である。また、自分も力の一端を受け継いでいるが、兄のような大きな力は持たない……そう、それこそ、ほんの数秒先の未来を見ることしかできない。
  近頃、王家に封印されていた禁忌の剣、『ディスコード』の研究に取り掛かった兄の様子がおかしい。何も起こらなければ、いいのだが……
 
  ディアンの妹。母と兄と、蜃気楼閣の外周部にある居住区に暮らしている。時々研究室に、母の弁当を届けに行っている。
  基本的には温厚で内向的な性格だが、色々な意味で一途。優秀な兄に対して強い劣等感を抱きつつも、心から愛している。
  異端の流れを汲みながらも、女神ユーリスに祈りを捧げることを忘れない、信仰心の厚いところがある。その祈りの魔法で人を癒し、時には裁きを振るう。
 
 
▼ノンプレイヤー・キャラクター
 
◆ディアン・カリヨン
  ドライグ王家に仕える天才的な異端研究者。ドライグに封じられた魔剣『ディスコード』を操る才『ユニゾン』を生まれながらに持ち、「未来を見る瞳」と、絶対記憶能力を有する。
  穏やかで、少々気弱な性格。ただ、『ディスコード』を手にしてから徐々に人が変わったようになっていく。
 
◆ベアトリーチェ・R・ドライグ
  ドライグ竜王の姪であり、クラウディオの妹。王位継承権は下の方に当たる。
  天真爛漫な性格であり、かなり子供っぽいところがある。なかなか蜃気楼閣から出ることができないため、外の世界に憧れている。
  ディアンに恋心を抱いているが……
 
◆ガブリエッラ・F・ドライグ
  ドライグ竜王の娘。
  年端の行かない少女だが、なかなかの切れ者である。教育係であるクラウディオのせいか、クラウディオによく似た喋り方をする。
  二十年後の『空色少年物語』の時代では父に代わり竜王を務めている。
 
◆セータ・ヴェリター
  ドライグ王家に仕える異端研究者。ディアンと同じ研究室に所属している。
  天才的頭脳を誇る研究者ではあるが、頭のネジが数本抜けているような態度を取る。いざという時に逃げ腰になるが、それでも判断は的確。
  本編では語られないが、後に研究内容が問題視されてドライグからも放逐される。その後の行方については『Quatrefoil.』参照。
 
◆『ディスコード』
  ドライグでは『魔剣』と呼ばれてこそいるが、魔法的な存在ではなく、禁忌機巧のナイフ。『楽園』の礎である世界樹に影響を及ぼす……とされる存在であり、蜃気楼閣に長らく封印されている。
  『反転楽園紀行』『空色少年物語』に登場する『ディスコード』と同じもの。

 

年表に戻る

シアワセモノマニア物語おまけ年表 > Retrospect of the Sinister Edge