シアワセモノマニア物語 > 空言ミストノーツ

空言ミストノーツ

歓喜と祝福に満ちた風の歌は、もう、聞こえない。
この手で片翼と夢を葬った俺が飛ぶ理由なんて
何一つ残されてないって思ってたんだ。
あの日――「青空」を見つけるまでは。

 

「物語」に戻る

シアワセモノマニア物語 > 空言ミストノーツ