シアワセモノマニア物語 > ゆめうつつ演義

世界の終わりなんて、きっと簡単なこと。
ほんの少しの、きっかけさえあれば。
さあ、夢とうつつが混ざり合う。
 

【ゆめうつつ事変】※「アザーズプロット企画」自作プロット作品
 それは、雨の街を駆ける、魔女と子猫の物語。
 
エンドロールの魔女
 「別に、君たちに恨みはないけどね」
ドリムキラーの獅子
 「その台詞は怪しい奴が言うものだよ、カナ!」
レイニーデイの少女
 「夢の世界、とか、ケモノ……って、何ですか?」
シーウェイヴの悪魔
 「大丈夫、大丈夫ですよ」
ブルースカイの明日
 「ダンちゃん、全体的に余計ー」
 
 
【ゆめうつつ演義】
 雨の事変は全体の、ほんの一部でしかなくて。
 
尋常ものまにあ
 「普通」であることを望んだ青年の末路。
ものくろ対話篇
 奇天烈な「そいつ」と俺の他愛ない対話。
安眠ぱらのいあ
 安らかな眠りを求めて羊を数える男の苦悩。

 

BACK

シアワセモノマニア物語 > ゆめうつつ演義