シアワセモノマニア物語アメガタリ > 歪神

 

>歪神
 
 
「この屋敷に歪神とはいえ若い女を連れ込むとは。すっかり枯れてると思ったが、意外と積極的だな、シロウ?」
「カザミの姫からの直々の命令だ、逆らうこともできない」
「ふうん、嫌なのか?」
「嫌……ってわけでもないが」
  ほおら、と梁の上から笑いを含んだ声がする。志郎は影になったそこを軽く睨みつけながらも、盆に載せた茶がこぼれないように、静かな足取りで客間を目指す。
  襖を開ければ、四角い卓の前にきちんと正座をして、物珍しそうに周りを見回す女の姿があった。そして、部屋に入ってきた志郎の姿を認めると、視線を一点に定め、改めて会釈した。
  女の服装は、レースをあしらった真っ白なブラウスに、紺色のスカート。古風だが決して野暮ったくはないものの、季節はずれの首巻が不思議なアクセントだ。
  どう見ても志郎と変わらない人の姿をしているし、実体を完全にこちらに置いている。けれど、纏っている雰囲気は確かに、この世のものではない。歪神にしては珍しい性質だ。
  仕事柄、つい詳細に観察してしまっていたが、女の形をしているものをまじまじ眺めるのも不躾だと気づき、視線を落として茶を女の前に置く。
「どうぞ」
「あ、ありがとうございます」
  僅かに強勢の置き方が不自然な、しかし流暢な日本語で礼をいい、湯飲みを手にする。それを確認して、志郎も座布団を引き寄せて座った。
「改めて、コバヤシ家にようこそ。キリアから聞いてると思うが、僕はヒヤマ・シロウという。この家の管理代行と、記録者の役目を任されている」
「シロウ」
  ぽつり、と。女の桃色の唇が志郎の名前を紡ぐ。その声が、余りにも透き通っていて、不覚にもどきりとする。首をかしげた女は、ほんの少しだけ微笑んだ。
「そう、呼んでもいいかしら」
「あ、ああ。別に、何と呼んでくれても構わないんだが」
  しどろもどろになりながら、それでもできるだけ動揺を抑えて言葉を重ねていく。
「ええと、君は……リッカ、というのかな。キリアからの手紙にあったが」
「そう、リッカ。キリアが名づけてくれたの。本当の名前は隠さないと危ないから、って」
  世界の境界線に時折生じる歪み―歪曲を超えてやってくる存在『歪神』は、この世のものでないが故に、この世の理に縛られない存在だ。縛られないからこそ、人とは全く違う存在、神や悪魔、妖怪などと称されてきた。
  だが、この世の理が時に歪神を縛り、この世の人や獣と変わらぬ存在に変容させてしまうこともある。例えば、この世の食物を口にすること。例えば、本当の名前を呼ばれること。要因は様々だが、名前はその中でも大きな比重を持つ、らしい。
  故に、この世の歪曲の一部と、歪神の出入りを管理している風海の一族には、歪神に対して、この世でのみ通用する名前をつける風習がある。
  リッカ。
  この、女の姿をした歪神に与えられた、名前。
「あちこち旅してきたけど、ここはいいところね。みんな優しいし、わたしの夢も、叶えてもらえた」
「だが、次の歪曲日には旅立つらしいな」
「元の世界に、帰らないといけないから」
  さあ、と。雨の気配を乗せた風が、リッカの長く伸ばした黒髪を揺らす。その時、風に乗って甘い香りが志郎の元にも届く。薔薇の花に似た、花の香り。
  柔らかな香りを漂わせて、リッカは刹那、目を伏せる。
「大きなお家だけど、ずいぶん静かなのね」
「ここに住んでいる人間は僕一人だから。だが、歪神がいくらか居着いているよ。顔を見せた時にでも紹介する」
「それじゃあ、あの子も歪神さん?」
  リッカの視線を追うと、ちらりと、薄く開いた襖の向こうに赤い着物の裾が見えた。だが、それはすぐに、音もなく引っ込んでしまう。
「ああ。あの娘はハツカといってね。この屋敷の守り神のようなものだ」
「そうなんだ。仲良くなれるといいな」
「人見知りで、未だに僕の前にもなかなか現れてくれないが……仲良くなれるといいな」
「うん」
  にこりと子供のように笑った女は、畳に指をついて、流れるような所作で頭を下げた。
「改めて、次の歪曲日まで、お世話になります」

 

PREV   TOP   NEXT

シアワセモノマニア物語アメガタリ > 歪神