シアワセモノマニア物語 > アメガタリ

アメガタリ

山の奥のお屋敷には、旅の歪神が一人、記録者が一人。
特別なことなど何もない、やわらかな雨の日。
けれど、きっと、忘れることのない、雨の日。
(「小説家になろう」版はこちら

手  紙

「ヒヤマさん、お手紙です」

歪  神

「改めて、コバヤシ家にようこそ」

浴  衣

「冷たい風と、電気の匂い」

画  帳

「わたしは、何一つ、忘れられないから」

記  録

「シロウ、優しいのね」

化  猫

「僕と話すのは、つまらない?」

家  主

「そこは家主の部屋だ」

長  靴

「一緒に、行ってもいい?」

雨  傘

「何だか、不思議な町ね」

髪  飾

「友達を、思い出してたの」

日  記

「日記を、つけていたんだ」

家  族

「そうだ、僕からも、聞いていいか」

薔  薇

「……ありがとう、リッカ」

風  鈴

「雨、止んだね」

電  話

「家主さん、来てくれるの?」

関連物語

蒼穹に手向けの花を

志郎がコバヤシ家にいた理由、もしくは家主の後悔について。

夏の青亭

ある男が物語る、家主であった少年についてのいくつかの記憶。

 

「物語」に戻る

シアワセモノマニア物語 > アメガタリ