シアワセモノマニア物語 > 不思議の国の紫苑

不思議の国の紫苑

紫苑の魔女は八弦琵琶を奏で物語る
それは楽園の隠された歴史であり
彼女の過ごした時間そのものでもあって
(「小説家になろう」版はこちら

アステエルの御伽話

不思議の国のアリス

『紫苑の魔女』アリス・ルナイト。不老にして不死の観測者……「私」。

人魚姫

楽園の人魚姫は、大人しく泡になってくれるような奴らじゃないわ。

パンドラの箱

全く、隠された真実というのはかくもよく人を殺すものね。昔も、今も。

浦島太郎

感傷……そう、それはきっと、感傷なのでしょうね。私らしくもないけれど。

コンバラリアの行方

不思議の国のアリス:I

不思議の箱庭を見下ろすあなたに、別れの言葉は届かない。

しあわせの王子

あなたの言う「しあわせ」って、一体どういう意味だったのかしら。

灰かぶり

灰は灰に、塵は塵に、なんて。何様なのかしらね。

かぐや姫

暇つぶし、気晴らし、ごっこ遊び。

白雪姫

ならば、見届けましょう。聖王と騎士の、歴史には語られない物語を。

ルンペルシュティルツヒェン

きっと、あなたも目にすることになるわ。未来視の、ルンペルシュティルツヒェンを。

不思議の国のアリス:II

不思議の箱庭に生きていくあなたに、別れの言葉を。

 

「物語」に戻る

シアワセモノマニア物語 > 不思議の国の紫苑